Web構築術

minneとcreemaはどっちがいい?初心者には、まずはminneがお勧め

minne(ミンネ)とcreema(クリーマ)で写真販売を始めたので、その2つで販促するためにはどうしたらいいかをWEB検索でザックリ調べました。

で、その方法を書いて下さっている皆様には、とても参考になる話を、色々、読ませて頂いたんですが、

 

私が両方使ってみて「初心者はミンネから始めたらいいわ!」と思った、ミンネにあってクリーマにはない優位性、「アクセス解析機能」については、あまり詳しく書かれているページがなかったので、書いてみます。

 

 

アクセス解析は、単に「ビュー」の数だけ知っても、初心者の参考にならない

ミンネにはアクセス解析機能は付いています。

 

このように、日々、どのくらいのアクセスがあったのか、とっても分かりやすく知る事ができますし、どの作品が人気があるかも分かりやすいです。(まだ始めたばかりでアクセス少なすぎて恥ずかしいので、数字は隠す(笑))

 

対して、クリーマは一覧で見られる機能がないので、作品ごとにビューが出るだけです。

 

で、

ミンネのアクセス解析について、書かれている方もいらっしゃいました。

でも、その方が注目していたのは、この「ビュー」の数だけ。

 

もちろん、ビューの数・・・つまり、その商品が「どのくらいユーザーに見られているか」は、すっごく大事なんですよ!

なぜって、ネットでは「100見られていたら、1つのアクションが来る」というのが、大体、決まっているからです。

つまり、ミンネやクリーマでは、その商品が100人に見られたとしたら、ひとりが買ってくれるのが平均・・・ということになるので、ビューの数を知るのは重要です。

これを知れば、自分の商品が売れないのは「単に見られていないから」なのか、「見られているのに、他に何か原因があるのか」が、ちゃんと分かるからです。

 

が。

始めたばかりの方の場合、どうしたってこうしたってビューは低い。ただ単にビューの数を知ったからって、「じゃ~、どうしたら?」になるだけです。

しかしミンネのアクセス解析機能は、ビュー数の他に、「初心者は絶対にここを活用すべき」っていう項目があるんですよ。

 

それは、「検索されたキーワード」です。

 

 

数は少なくても「どの言葉で検索されたか」は、今度のヒントにめちゃなる!

ミンネの「検索キーワード」機能

こちらがミンネのアクセス解析の中にある「検索キーワード」。ミンネ上でどの単語で自分の商品が検索されたかが、分かります。

・・・これ、ホンットに大事なので、ライバルショップに渡したくないので全面企業秘密です(笑)

 

私なんかまだミンネで初めて1週間なので、それぞれ10もいかない検索数しかないんですが(あ、言っちゃったよ(笑))、それでも「え?その単語で検索されるんだ!」っていう、予想外のお宝ワードが分かったりしています。

 

検索された単語が分かったからって、どうだっていうの?

 

はい。それはですね、

例えば私なら、某お宝ワード「A」が分かった訳ですよ。なので、類似の商品にはタイトルかタグに、その「A」をもれなく入れるんです。

 

私はホントにその「A」に関しては、それで検索されるなんて、ぜんっぜん思っていなかったものだったんです。だから同じような写真は他にもあるのに、その「A」をタイトルに入れていないのもあったし、主題がそれじゃない写真に「A」が写っていたとしても、タグにも入れていなかった。

でも実際に検索されて「あ、言われてみれば、なるほど。その写真が欲しい人はいるよね」と納得だったので、早速、上記の作業をやりました。

 

結果、すぐにその単語での検索数は2倍に。

 

こういう事なんですよ。

検索キーワードを知るのが何故大事なのかと言うと、今後、ビュー数を伸ばしていくのに、めちゃ役に立つんです。

 

 

例えば、「sv925」で検索されるのか、「シルバー」で検索されるのか?

たとえばあなたがsv925を使ってピアスを作っていたとして、その「sv925のピアス」とタイトルに付けておくのと、「シルバーのピアス」と付けておくのと、どっちが検索されやすいか?なんですよ。

 

この検証が、検索キーワードを見ることが出来るミンネなら、出来る訳です。

sv925で作った商品を、2つ、アップして、片方には「sv925」ってつける。もう片方は「シルバー」にする。

で、自分の作品なら、どっちが検索されて、実際に見てもらえているか?

 

「自分の作品なら」っていうのは、全体の検索数は一般的な言葉である「シルバー」の方が多いかも知れない。でもライバルも多すぎて埋もれるかも?なので、「みんながどうタイトルを付けているか」より、「自分の環境なら、この言葉で実際に検索された」を、自分で知る事が、大事なんです。

 

 

クリーマでは、何で検索されているのか、知りようがない

先にも書きました通り、クリーマはアクセス解析機能がないので、クリーマだけやっていると「何で検索されているか」は、知りようがありません。

この1点だけで、私としては初心者の方には、最初はクリーマよりミンネをお勧めします。

 

 

 

ちなみに、クリーマ&ミンネのアルゴリズムを考察すると・・・

アルゴリズムというのはこの場合、「何を検索の上位に表示させるかの、決まり」とお考え下さい。

これはグーグルなどの各検索エンジンにも、もちろんあります。

私はアフィリエイトを通してグーグルのアルゴリズム対策には慣れているので、クリーマとミンネの販促情報を読んだ際にも「ああ、そーゆーアルゴリズムになっているのね」は、すぐに理解できました。

 

クリーマとミンネのアルゴリズムは、一言で言って「先行者優位」です。

具体的にかみ砕くと、

  • たくさん買われている商品、たくさんレビューが付いている商品が、検索されやすい。
  • 商品をたくさん、コンスタントにアップしている人の方が、検索されやすい。
  • もしかしたら、「お気に入り」数と「フォロー」数も、関係あるかも知れない。(←これは未確認情報)

 

と思われるので、どれも始めたばかりでは無理じゃないですか。だからどうしても先行者が優位になってしまいます。

 

がここに、始めたばかりでも、食い込めるスキマがあるとしたら、それが「検索ワード」なんです。ぜひ活用したいですね。

 

「作品がユーザーに見られていない」状況を打開するには、ミンネ&クリーマ内の広告を使うという方法もありますよ。お金に余裕があれば、それもいいかもですね!

 

合わせて読みたい

私が管理している外部ブログで、商品写真など小物をキレイに撮る方法を書いています。

スマホでもOK・100均商品でそろえる、簡単、小物撮影スタジオ

 

 

-Web構築術

Copyright© Masae Works , 2020 All Rights Reserved.