タロット解説

ワンドの2、3、4・ワンドの「門」

2019年11月7日

 

「あなたは気がついた?あなたの後ろにある二本のワンドは、小さな門だよ。ひとつの門をくぐったね。だから広い世界が目の前に開けているでしょう?

あなたはひとり。自分で進んでいくんだよ。大丈夫、情熱の杖もある。これまでの知恵は背中の風呂敷に入っているよ。幸運を!ピヨ♪」

 

タロット解説の記事に載せている説明文は、すべて私が独自に解釈しているものですので、その旨、ご承知置き下さい。

 

ワンドの2と3に見る「門」

上記のワンドの3のカードは、崖の上に立って行き交う船を見る人物が描かれています。

その人物の後ろに配置されている2本のワンドを、私は「門」と見る時があります。小さなゲートですね。

 

ちょっと状況が変わる時とか・・・変えようと一歩、踏み出した時。

 

これ、ひとつ前にワンドの2と比べると面白いんです。

 

ワンドの2では、人物がまだ「門」の前にいるんですね!一歩、出てないの。

門の手前で地球儀を見ながら作戦を練っている感じ。ちょっと戸惑う、迷うなんて時には、ワンドの3より2が出ます。

だから2が出たら、次のカードは「進んだらどうなる?」「止まったらどうなる?」の、2枝の展開をしてみたりもします。

 

ワンドの2・キーワード

正位置 / 選択、リスクの問題、ちょっと閉塞感があるが成功

逆位置 / 新しいステージへ移動、選択の結果、ちょっと緊張感のあるワクワク

 

ワンドの3・キーワード

正位置 / 一人で自分の人生を見渡す、他人に関わるのを渋る

逆位置 / 逆境の終わり、誰かと連帯する

 

 

ワンドの4は「祝福の門」

さて、ワンドの「門」ついでに、次のワンドの4についても見てみましょう。こちらも門に見えるカードですが・・・

 

ステキな門ですね!祝福のゲートです。

 

3で一歩、踏み出したとしたら、旅の中継地点で楽しい事が待っている感じ。伝統的な解釈でも、正位置と逆位置の解釈がそんなに変わらない、明るい良いカードです。

 

ワンドの4・キーワード

正位置 / 祝い、喜び、困難からの解放

逆位置 / (場合によっては)お祝いに遅延が生じる

 

参考書籍

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タロットバイブル 78枚の真の意味 [ レイチェル・ポラック ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/12/27時点)

楽天で購入

 

 

-タロット解説

Copyright© Masae Works , 2020 All Rights Reserved.